【2014年版】3 日間でメルボルンを楽しむ!おすすめモデルツアー

【2014年版】3 日間でメルボルンを楽しむ!おすすめモデルツアー
【2014年版】3 日間でメルボルンを楽しむ方法 
モデルツアーのご紹介です。


自然に癒されたい?
最新のアートが見たい?
おしゃれカフェで異国を感じたい?
現地に住む人とフレンドリーに話したい?

それ、全てメルボルンで叶います。

今回は、メルボルンに住む筆者が友人を実際に案内したプランをもとに、
買い物したものも交えながら「メルボルンを3日間で楽しみ尽くすプラン」を提案します。

【1 日目:シティを満喫しよう!】

9:00 メルボルン空港(タラマリン)から、スカイバスでサザンクロス駅に移動。
コインロッカーは12ドル前後で入れられますが、
もう一つの大きな駅、 フリンダースストリート駅では6ドル程で入れられるので、
そちらに電車で移動します。


9:15 フリンダースストリート駅で荷物を預けたら、
道を挟んで反対側の「フェデレーションスクエア」へ移動。
メルボルン・ビジターセンターで地図を貰いましょ う。

9:30 イアンポッター・センターを訪れます。


こちらの美術館は入館料が無料です。
近くの学生が課外授業で訪れていたり、 週末になるとデッサンクラスが開催されたり、
アートが暮らしに溶け込んでいるのが感じられます。
作品のカメラ撮影も OK です。
アボリジニアートが見られるのも一つの特徴。

ミュージアムショップでもポストカードやテキスタイルを楽しめます。

※アートよりもお酒が好きなら美術館の裏にあるヤラリバー沿いで
クラフトビールや 洋梨サイダーを飲む事もできます。



11:00  徒歩で5分程移動、デグレイブス・ストリートでお店めぐりを。
筆者のおすすめは以下の3件です。

「Clemantine’s」

ビクトリア州とメルボルンをテーマにしたセレクトショップで、
お土産にもぴったりなデザイン性の高いものが見つけられます。

「Signed&Numbered」


額装されたイラストや個性的なメッセージカードを販売しています。

「IL PAPIRO」
イタリアの文房具屋さん。模様の美しい紙や、シーリングワックスが購入できます。

12:00 デグレイブス・ストリートで現地の人に交じってランチを取りましょう。
カフェの街メルボルンらしく、路地の真ん中に椅子とテーブルが出ており、
待ち行く人を見ながらおいしい食事を頂けます。

「’C’GRADE」では上品で完成度の高い食事ができます。
おすすめは卵料理!間違えありません。

13:00 午後も少し町歩きをしましょう。

フリンダースレーンに出て、スキンケアブランドAesop を訪ねます。

1987年にメルボルンで誕生した植物由来成分によるスキンケアメーカー。
一緒にまわった友人はボディバームを、我が家はハンドソープ・ハンドクリームのセッ トを使っています。
とても繊細な香りに驚きます。店舗ごとに内装が美しいのも特徴。

13:30 リトル・コリンズ・ストリートに出て、お茶専門店「T2」を訪ねます。

ざく切りのキウイなど生のフルーツが入ったお茶などの試飲もできる上に、
「メルボルンブレックファースト」などお土産にも良いお茶が揃っています。

14:00 バーク・ストリートからトラムに乗ってブランズウィックストリートへ。
途中にユネスコ世界遺産のカールトン庭園があるので降りて歩いてみても面白いです。

ブランズウウィックストリートに着いたら、徒歩で南下しながら5件まわります。

北側から順に、 「kleins perfumery」

既出ですが、お茶専門店の「T2」、

オーガニック野菜と果物の「Hampers」(日本よりもずっと安くマヌカハニーも購入できます)、

ハンドクリームやいい香りの石けんがある「Frances Pilly」、

文豪具とカラフルな食器のお店「Willkins&Kent」 がおすすめです。

16:00 ブランズウィックストリートから徒歩で東に向かい、スミスストリートに出ます。
オーガニック野菜とカフェが素晴らしい「frend of the earth」へ。


ここのアイスティーやフルーツジュースは自然の甘みでホッとします。

17:00 トラムに乗ってシティに戻り、今度は西側、フッツクレイマーケットへ。
ここはベトナムやアフリカのカルチャーが感じられるエリア。


マーケットではオーストラリアらしいザクロ、手のひら程あるマッシュルーム、
ラムなどを購入しましょう。驚く程安く購入できます。

18:00 「lentil as anything」へ。


ここは、国の予算とボランティア活動によって運営されているお店。
ビーガンやベジタリアンにも対応していて、ヘルシーな食事を食べられます。

ここは値段がありません。自分が払うべきと感じた値段を帰りに箱に入れます。

〜1日目終了〜

いかがでしたか?次回は2日目について提案します。 お楽しみに!


このエントリーをはてなブックマークに追加