おしゃれを楽しむエチケット ~下着の色にも気を付けて~

おしゃれを楽しむエチケット ~下着の色にも気を付けて~

○季節にあった下着ですか


プールやジムなどでたまに目にすることがあるのですが、『それ、今の季節に合わない下着じゃない?』って思うことがあります。
真夏にヒートテック、冬にメッシュ素材・・・・・・。 
服から透けて見えてしまうこともあります。透けなくても屈んだ時に、トップスの裾から、ズレたボトムから下着が出しまう場合も。
真夏に見かけた方は、色や生地の厚さから考えると、多分、秋・冬用の下着・・・・・・。それでいてご本人は、暑い暑いと汗をかいてる。また、冬に、それはどう見ても夏用じゃないかというのを着て「寒い、寒い」と言っている。(真夏のヒートテックも何人か見つけてしまいました)

最近の下着の進化はすごいものです。薄くて軽くて、体型補正機能もあれば、冷感、消臭力、保温があるものも。せっかく、各メーカーが力を入れているのですから、季節にあった下着を身につけましょう。


○下着と色の関係


そこで今回は、服と下着の色について取り上げます。普段から、下着の色とお洋服の色を合わせている方からすると、基本的なことかもしれません。ですが、結構うっかりしがちなことでもあります。
せっかく綺麗な服、可愛い服を着ているのに、下着が透けて見えてしまって女子力を下げてしまうのは残念ですからね。



○白い服には


まずは定番、白い服に合わせる下着。こちらはベージュの下着(ブラジャー、パンツ、キャミソール)が無難です。明るい色より、濃いめのベージュだとより透けにくいです。モカや暗紫も同様です。
個人的におすすめなのは、グレーの下着。グレーはどの色にも響かない、下着の万能色といってもいいでしょう。ただ、ベージュと同様、大人しい落ち着いた色なので、女性としてのテンションが下がるという意見もあります。
グレーだと地味と思われる方は、レースのついたエレガントなものはいかがでしょう。色合いは大人しいですが、レースで女性らしさを楽しむこともできますし、白ボトムでスキニーやタイトスカートだと、下着の段が出やすいこともあります。レースだとそれが防げるので、一石二鳥ですよ。


○黒い服には


これが一番お伝えしたかったこと。というのは、よく見かけるからです。
黒は光を吸収する色です。だから、黒服には、下着はなんでもいいと思われている方もいらっしゃるのかも。でも、夏服の生地は薄いので、実は光の当たり方によって、かなり透けて見えてしまうことがあります。
冬でもざっくりめのニットには気をつけて。黒のニットワンピの下が何色か周囲に分かってしまうこともあるのです。
特に白の下着は、斜めから差し込む光で分かってしまうことがあります。アパレルのお店によっては入り口付近の間接照明で分かってしまうことも。柄も結構分かります。(実話)
黒い服には黒い下着、が透けにくいです。黒い下着って響きはセクシーですが、こういう実務的なところもあります。また、ワンピースの下は赤いスリップドレスというのもお洒落ですね。意外に赤も響きません。同様に紫も響きにくいお色なので、黒い服を着ることが多い方は、試してみてくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加