簡単!毎日のお風呂掃除

簡単!毎日のお風呂掃除
上條ハンナ
執筆を依頼する
今回は簡単なお風呂掃除の方法をご紹介します。

一日の疲れを取り、たまった汚れを流す、お風呂。
温かで、癒しのイメージがあるお風呂ですが、石鹸使い汚れを落としたりする場所ですから黴菌が溜まり、カビが発生しやすいのです。
やがて、カビが嫌なニオイの元となります。
癒しの場所であるお風呂から嫌なニオイがしたら、一日の疲れもゆっくりとることはできませんよね。
そこで、お風呂の臭いを防ぐ方法をご紹介しましょう!

ニオイの原因は排水溝から!


お風呂場で、まず嫌なニオイが際立つところといえば、排水溝でしょう。
身体の汚れを洗浄するために使用した石鹸を流し、抜け毛などが流れていくところです。
そのままにしておくと、やがてぬめりが発生して、嫌なニオイが発生してきます。
週に一度、排水溝付近をブラシで洗浄しましょう。
特に、パッキン付近にはカビが発生しやすいので念入りに。
市販のカビ対策商品もありますが、お子様がいらっしゃるご家庭ではお子様への影響は心配なのではないでしょうか?
そこで、カビに効果のある酢を使用します。
スプレーボトルに酢を入れて、3倍くらいの水で薄めたものを用意しておくのです。これを、排水溝に吹きかけるだけ。安全で、簡単なカビ対策です。

換気をすぐに行い、室内の温度を下げる


もう一つのポイントとしましては、入浴後にすぐに換気を行って水シャワーなどで床の汚れを洗い流すこと。
換気によって、湯煙による湿気を外へと逃がし、室内の温度を下げます。
同じく、水のシャワーで室内の温度を下げつつ、床に残ったシャンプーなどの石鹸汚れを流しましょう。
これによって、温かく湿った環境でカビを増殖させることを防ぐことができます。

毎日、清潔を守ることでお風呂も気持ちよく!


お風呂の掃除、というと週末にまとめて大がかりに行う方も多いのではないでしょうか?
しかし、今回取り上げたように「お風呂を使ったついでに、ちょっとしたことをする」だけで、嫌なニオイを防ぐことができるのです。
こまめに行えば、いつでも清潔で気持ちの良い状態でお風呂を使うことができるでしょう。

上條ハンナ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加