【台湾観光】台湾は座り読みが基本?! 誠品書店に行こう

【台湾観光】台湾は座り読みが基本?! 誠品書店に行こう

誠品書店ってなに?


台湾の本屋さんと検索すれば一番最初にヒットするのが誠品書店かもしれません。
書籍はもちろんですが、
日常の生活空間をすべてプロデュースしてくれる ハイセンスさに心奪われます。

ここはまさに 台湾カルチャーを支えている情報発信基地

世界中にある美しいブックストアが注目を浴びるなか、
個性的な提案をする誠品書店は、近年、日本のメディアでも多く取り上げられました。
世界の書籍、雑誌、日本の雑誌や翻訳書籍も多くあります。
台湾のデザイン系雑誌やおまけ付き雑誌などもかわいくておすすめです。


座り読みが醍醐味


photo by Lizhi

韓国の書店でも座り読みは見かけますが、台湾のほうがもっと多いかもしれません。
みなさん購入はするの? というほどじっくり座って読んでいるお客さんばかり。
日本じゃ絶対出来ない座り読み、この際なのでぜひやっちゃってください。

おすすめは、現地でしか手に入らない台湾の観光ガイドや雑誌
デザインが素敵で地元ならでは視点が楽しめますよ。

もちろん、周りのお客さんやお店に迷惑がかからないよう最低限のマナーは守りましょう。
椅子も設置されているのですが、基本的に階段や通路に座っているお客さんがほとんど。
誠品書店は、そのためのスペースが広くとられているイメージです。


どこの店舗に行く?


台湾全土のあちこちに支店を持ち、台中や高雄などにも巨大店舗があります。
店舗ごとに空間ディスプレイが変わるので、地方都市に行くたび誠品を訪ねたくなるほど。

「誠品に行けばなにか見つかる」

そんな期待を抱かせてくれる、発想豊かな商品展開と店舗デザインが魅力です。
一部書店のみの店舗もありますが、主要都市にある誠品書店は大きなデパートそのもの。
でも、誠品書店はやっぱり書店が主役です。


24時間営業の敦南店


photo by 誠品敦南店 公式サイト


敦南店台湾で初めて24時間営業を導入 したことでも知られています。
元々夜遅くまで映画館が営業していたり、夜市があったりと夜の時間が長い台湾。
そんな生活スタイルもあってか、お客さんのリクエストで24時間営業が誕生したそうです。

実際、日中、観光に明け暮れていると誠品書店に寄りたかったのに行けなかった! なんてことも。
そんなときは敦南店です。MRT忠孝敦化駅から徒歩すぐで、周辺のお店も比較的遅くまで営業しているので深夜でも危ないエリアではありませんので安心です。


超進化型 誠品生活


photo by Lizhi

※室内は基本的に撮影禁止です

たばこ工場の跡地をリノベーションした松山文創地区にオープンした誠品生活松菸店。
もはや、台北では外せないランドマークになっています。

1階には台湾で人気のセレクトショップ Whiple house など注目アパレルなどが並びます。

2Fは シルバーアクセサリーの工房や吹きガラス体験などもできる ショップ、 台湾を代表する雑貨ブランドなどが入ったEXPO というフロア。週末はたくさんの人が手作りを楽しんでいます。

パイナップルケーキをはじめ台湾の お菓子などを販売する売り場も あります。
所定額以上購入の場合、 誠品内で免税もしてもらえる ので、お土産のまとめ買いがお得。
台湾の 人気石鹸ブランド阿原 もあります。

そして 3Fは書店と台湾茶のカフェ、コーヒーショップなど あるので歩き疲れたら休憩を。
台湾でおなじみのバブルミルクティの春水堂もあります。

日本でも文具や雑貨、CDなどを併設販売している店舗はありますが、
誠品書店はその上をいくセンスのいい商品提案で人気を集めています。
台湾産はもちろん、日本や世界から集められたおしゃれグッズがいたるところで販売されています。



photo by 誠品西門店 公式サイト

台北市内で観光ついでに寄りやすいのは、西門店や台北101そばの信義店、
上記でご紹介した誠品生活松菸店もまた、信儀店と同じくMRT市政府駅が最寄り駅です。


ネットで楽しむ誠品書店


誠品書店ホームページでは 日本からもショッピングが可能 です。
日本では販売されていない本でも簡単に輸入できますので、ぜひ利用してみてください。
誠品で行われている 展示やイベント情報 もありますので、
旅行に行く前にチェックするとお得な情報が得られるかも。
ぜひ台湾カルチャーを身近に感じられる誠品書店へ行ってみましょう。

誠品書店公式サイト
このエントリーをはてなブックマークに追加