自分も同行者も楽しいドライブファッション

自分も同行者も楽しいドライブファッション
今回は、ドライブの際におすすめ、アウトドアに便利なファッションアイテムを取り上げます。
お友達とのお出かけやデート、職場のレクリエーションの際のご参考に。

もちろん、純粋に車に乗るだけであれば、お好きな服装で構いません。
でも、どこに行くか、何をするかに合わせた服装でないと、周囲と楽しく過ごせない心配もあります。
紅葉を愛でるウォーキングや果物狩り、バーベキューetc。
動きづらいとか、汚したくない服で、自分にも周りにも制限を与えてしまうとモッタイナイですね。
下記のアイテムは、そんな時の強い味方です。

○エプロン

肌寒い季節でも、パステルカラーが流行っている昨今。アウトドアでも淡い色合いの服を着たい場合、エプロンが重宝します。
果物狩りやバーベキューをする時、白い服やパステルカラーだと『私は何もしません(したくありません)』というメッセージを発しているようになってなってしまい、楽しみが半減する可能性もあります。
エプロン一枚で、自分も周囲も気兼ね無く過ごせるので、実際使うか分からない場合でも鞄に忍ばせておきましょう。

○ジャージ素材のワンピースかチュニック

ジャージ素材の服は、旅行の時の強い味方。くるくる丸めて小さくなるし、皺もつきません。
渓流遊びで服が濡れた時や、散策後にお洒落なレストランに急遽行くことにした時、さっと着替えることが出来て便利です。
デートなどで、プランが相手まかせの時に準備しておくと重宝します。レギンスも持参しておくと、足下が汚れた時に便利です。

○ルームシューズ

自分の車を使う場合は気にしないかもしれませんが、人に車を出してもらう場合、あると好感度大なアイテムです。
行きはいいけど、帰りは靴が汚れている場合が多いもの。
帰りに乗せてもらう前に、ルームシューズを持参していると告げると、車に愛着ある人は喜びます。たとえ必要なくても、相手はあなたの気遣いに感謝するでしょう。
可愛い折りたたみのものもありますし、ない場合は、レジ袋を足下にひくというのもいいでしょう。


どれもそれほどかさばらないものですし、天気の状態によってはぬかるみの場所を動くこともあります。 
上記の三つのどれかを選択、併用することで、ドライバーや同行者とも楽しく過ごせるし、自分もお洒落を楽しめること請け合いです。


画像提供:栗原尚子
このエントリーをはてなブックマークに追加