手づくりおせちとシャンパーニュの素敵なマリアージュ♪

手づくりおせちとシャンパーニュの素敵なマリアージュ♪
クリスマスが終わると、すぐお正月ですね。

我が家のおせちは、気が向いたら食べたいものだけを作ります。
栗きんとん、伊達巻などは甘さが調節できる のでなかなかいいですよ。

昆布だしや干ししいたけ、梅干しなど旨み成分がたっぷりの和食に合うワインといえば、日本酒感覚でいただける 甲州から作られた日本の白ワイン も良いですが、お正月のおめでたい気分 に華を添えるスパークリングワイン、シャンパーニュ はいかがでしょうか?

特におすすめなのが シャルドネ100%で作られる、ブラン・ド・ブラン です。

瓶内二次発酵を行うシャンパーニュは、発酵後、出荷まで瓶の中で澱とともに熟成されるため旨みが凝縮 されます。

昆布やしいたけ、醤油の旨み が特長の和食に、すっきりした飲み口ながらも旨みのあるブラン・ド・ブラン がよく合います。

このお正月に、おせちと一緒に是非試してみてください。
Bon Appetit!

シャンパーニュの豆知識

お祝いの席に欠かせないシャンパーニュ。
シャンパーニュシャンパン をフランス語で発音したもので意味は同じです。

シャンパーニュを名乗れるのは フランスのシャンパーニュ地方で、定められたぶどう品種を使い、二次発酵を瓶の中で行う伝統的な製法で作られたものだけ です。

同じ製法で フランスの他の地域でつくったものをクレマンイタリアでつくったものをフランチャコルタスペインでつくったものをカバ といい、高品質のスパークリングワインの目安となります。

シャンパーニュは通常、シャルドネピノ・ノワールピノ・ムニエ の3種類のぶどう品種をブレンドして作られますが、シャルドネのみで作られたものを ブラン・ド・ブラン、ピノ・ノワールのみで作られたものを ブラン・ド・ノワール といいます。

シャルドネのみで作られるブラン・ド・ブランは、白ぶどう品種の果皮からくる グリーンの色調や、シャルドネ種の柑橘系の香り が特長です。

一方のピノ・ノワールのみで作られたブラン・ド・ノワールは、黒ぶどう品種の果皮からくる ピンクの色調、ピノ・ノワールの赤いベリーの香り が特長です。

ワインの特長がわかれば、料理の風味に合わせてワインを選ぶことができますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加