根菜パワーでデトックス☆味噌スープ篇

根菜パワーでデトックス☆味噌スープ篇
スマイル
執筆を依頼する
寒い冬は年末年始をはじめ、行事や宴会が多かったり、、外食や宴会が続くことも多いかと思います。
食事のバランスがくずれ、生活や体調も乱れやすい時ですが、こんな時には具沢山の味噌汁をおすすめします。

週末など休みの日に、大きな鍋でどーんと作り、あとは寝起きに、そして遅く帰ってきた時に、あたためていただきましょう。寒い時期なら、定期的に火を入れていけば、ちゃんと日持ちするので大丈夫。
忙しい日々の合間にお椀に一杯いただくだけで、気分的にも栄養的にも安心できる、万能メニューです。

おすすめなのは豚汁やけんちん汁。根菜がいっぱい入ったお味噌汁です。
冬の鍋やお味噌汁に人気の根菜ですが、おいしいだけでなく、栄養や植物のもつ効果の高さからも積極的に使いたいものです。さて、根菜はどのように体にはたらき、効果があるのか?というのを今回はおさらいしてみたいと思います。


根菜には、とにかく植物繊維が豊富


特にごぼうやれんこんに多く含まれる植物繊維ですが、毒素など老廃物の排出という効果が有名ですね。
他にも過食をおさえたり、という効果もあるようです。
外食が続くときこそ、取り入れたい食材です。


冬の体にうれしい成分いろいろ


里芋や山芋、れんこんに含まれるムチン消化を助けるといわれています。ねばねば成分なので胃の粘膜を保護する効果もあるといわれ、不規則な食生活で疲れた胃には助けになりそうです。
また、たまねぎに含まれるグルタチオン臓器の解毒作用にも効果があるといわれています。こちらも、疲れ気味の体には強い味方になってくれそうです。

そして、根菜の力だけでなく、あたたかいスープの力もとっても重要です。
酔った勢いで〆に何かを食べたくなってお店に入ったり、コンビニに寄りたくなっても“家の味噌汁がある”と思えばぐっとがまんもできるものです。他のスープでもいいのですが、味噌整腸作用や消化促進、コレステロール値を下げる、など体にとって、いいはたらきをしてくれるものです。
二日酔いや胃が重い朝も、何も食べないよりは量は少なくても一杯のお味噌汁をいただくことが、体調を整える一歩となります。

冬期限定のアイディアですが、外食がつづく時には大鍋いっぱいのお味噌汁をぜひ、おためしください☆
スマイル
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加