花粉症の時期は避けたい食べ物

花粉症の時期は避けたい食べ物
みさみさ
執筆を依頼する
花粉症に良い食べ物があるように、花粉症と相性の悪い食べ物も存在します。
高タンパク・高脂質など偏った食生活が症状を悪化させてしまうのはよく知られていますが、それ以外にもできれば避けたい食品がたくさんあります。
では、どのような食品を避けるべきなのか見ていきましょう。

野菜でも要注意! ヒスタミンを含む食品たち



健康的な食生活が花粉症の症状を和らげるのに効果的だと思い、色々な野菜を進んで摂取しがちですが、野菜の中でもアレルギーを悪化させる ヒスタミン を含み、花粉症と相性の悪い食品があるという事をご存知でしょうか。
アレルギーを防ぐために病院で出されるお薬が、抗ヒスタミン剤であるにもかかわらず、食品から多くのヒスタミンを摂取してしまっては、薬の効果も弱めてしまいます。
そこで、できるだけヒスタミンを含む野菜たちを避けることが花粉症対策として有効的です。

最も代表的なのが タケノコ です。
タケノコは春を告げる食品として、花粉症の季節に多く食べられがちですが、実はヒスタミンを多く含んでいるので花粉症の人には向いていません
そのほかに ほうれん草やなす、トマト など身近な食品たちにもヒスタミンが含まれているので要注意です。


免疫力を低下させる食品たち



次に注意したいのが、免疫力を低下させてしまう食品たちです。
最も注意すべきはハンバーガーなどの ファーストフード です。
多くのファーストフードにはトランス脂肪酸という、体を酸化させて免疫力を弱めてしまう効果があります。
また高タンパク・高脂質であるため、腸内環境も悪化させてより悪い影響を起こしてしまいます。
そのほかにもポテトチップスなどのスナック菓子やケーキやクッキーなどの洋菓子なども、同様に免疫力を悪化させるという特徴があります。


アレルゲン物質を含む食品たち



小麦やエビ・カニ・ピーナッツなど、一般的に食品アレルギーを引き起こす、アレルゲン物質を含む食品も注意が必要です。
普段は免疫力でアレルギーが抑えられていても、花粉症を発症して免疫力が低下しているときは、アレルゲン物質も敏感に反応してしまう時があります。
花粉と食品アレルギーとの相乗効果で、より症状が悪化してしまう場合もあるので、過剰摂取はできるだけ避けるようにしましょう。


花粉症を悪化させる可能性のあるこれらの食品を避け、できるだけ症状が少なく済むように心がけていきましょう。
みさみさ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加