おすすめは?電子書籍端末の比較と電子書籍のメリット

おすすめは?電子書籍端末の比較と電子書籍のメリット
今や時代はデジタル化。
本を読むのにスマートフォンやタブレット、専用端末など
デジタル機器を活用されている方は多いのではないでしょうか?
本は紙に印刷された従来のものでなければダメという方もいるので
デジタル化のメリット・デメリット、そして専用端末の比較をしてみます。

●電子書籍のメリット

  • 本の置き場所に困らない
  • 電子書籍の最大のメリットは数千冊以上のコンテンツを片手サイズの
    スリムな機械の中へ入れられることではないかと思います。

  • 家にいながら本を購入できる
  • 紙の本は買うために本屋へ行かなければなりませんし、
    ネットショッピングは手元に届くまで数日かかります。
    電子書籍は、深夜でも早朝でも嵐の日でも端末を介してすぐに本をダウンロードし読み始めることができます。

  • 自分の読みたい文字サイズやフォントに変更可能
  • 紙の本、特に文庫本では小さい文字が多く、それが見づらいと感じる事がありますが、
    電子書籍は自分の見やすい大きさに文字サイズを変更できます。


●電子書籍のデメリット

  • 電子書籍を読む端末が必要
  • 当然のことながらハード(端末)がなければソフト(電子書籍)は使えません。

  • すべての本が電子書籍化されているわけではない
  • 話題の本や人気の作家の本でも取り扱いされていないものが多々あります。
    特定の作家で検索して、その作家の書物がすべて電子書籍化されている事は珍しく
    また、新刊の電子書籍化は遅いです。

  • 電子書籍の価格が安くない
  • 紙媒体でないのだから材料費や印刷費がかからないので価格が安いと思っていると大間違い。
    セールなどになっている物もありますが、
    基本的には、普通に販売されている紙の本と価格が変わりません。



●楽天「kobo」、Amazon「Kindle」何が違う?

電子書籍端末「Kobo」、「Kindle」はどちらも軽量、一度の満充電でバッテリー駆動時間が約8週間。
サイズは多少違いますが購入の基準になる程の違いはありません。
そして機能面ではkoboはSDカードを装着できるので持ち歩ける書籍数が多い
Kindleは洋書も読みやすいということくらいかなと思います。

少し前まではKindleの方が蔵書数豊富でしたが、今ではそれほどの違いがありません。
自分がよく使うショッピングサイトの端末を持つのがいいのではないでしょうか。
楽天ではポイントが使え、貯める事ができます。
誕生月など期間限定ポイントの使い道に困ったことはありませんか?
そういう時は、電子書籍の購入をおすすめします。



電子書籍端末は電子ペーパー採用で目に優しく疲れにくいので、
充電駆動時間を考えれば、スマートフォンと別に持つメリットは充分にあります。
筆者は楽天のポイントやクーポンを多用して電子書籍を購入していますが
本を繰る感覚が好きでもあるので、紙媒体の購入が主になります。
どちらかに偏るのではなく
紙媒体も電子書籍も上手に使い分けていけたらよいのではないでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加