自分に合ったリップ選びをしよう

自分に合ったリップ選びをしよう
みさみさ
執筆を依頼する

流行の化粧をしたり、雑誌のメイクを真似しても、なんとなくしっくりこないなんて経験はありませんか。
そんな時はもしかしたら、リップの色が自分に合っていないかもしれません。
自分に合ったカラーはパーソナルカラーと呼ばれ、大きく分けて春夏秋冬の4つのタイプがあります
では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

春タイプのリップカラー

春タイプの女性は、肌の色、目の色、髪の色が明るいカラーの人です。
色白でも色黒でもなく一般的な肌色で、瞳はブラウンで黒目の輪郭がはっきりしていて、
髪はブラウンかソフトなブラックといった具合に、全体的に明るい印象を与える顔のタイプです。
春タイプの女性は柔らかくて優しい色合いが良く似合います
ピンクはピンクでも、ベビーピンクやシェルピンクを選ぶようにしましょう。
またオレンジがかったカラーもよく似合うので、コーラルピンクやサーモンピンクもお勧めです。


夏タイプのリップカラー

夏タイプの女性は、色白で全体的に淡い印象を与える女性です。
肌の色は青みがかった色白で、瞳もブラウンやライトブラウン、髪も薄めのブラウンといった具合です。
夏タイプに似合うカラーは少し青みがかった柔らかいカラーです。
薄めのチェリーピンクやくすみがかったマゼンタ、薄紫などがお勧めのカラーとなります。


秋タイプのリップカラー

秋タイプの女性は、 全体的にはっきりとした印象を与えます。
肌の色も濃く、瞳もハッキリとしたブラック、髪も濃いブラックや濃いブラウンといった具合です。
秋タイプに似合うカラーは黄色がかった濃いカラーです。
オレンジ系やブラウン系のリップカラーや、ピンクでもマットなカラーを選ぶことがお勧めです。


冬タイプのリップカラー


冬タイプの女性は、肌の色は薄いけれども目や髪の色が濃く、濃淡がはっきりしているのが特徴です。
肌の色は薄く頬は赤みがかっていて、眉やまつ毛もハッキリとしています。
また瞳もブラックではっきりとしていて、髪も黒髪という具合の女性です。
冬タイプに似合うのは、ハッキリとしたカラーがお勧めです。
レッド系やピンク系でも色がくすんでおらず、はっきりとしていて、まさに真っ赤な口紅やパッションピンクの口紅が似合います。


自分のカラーで好印象を


リップカラーをうまく使いこなすことで、顔の印象をより良くすることができます。
4つのタイプのどれにあたるかをしっかりと吟味し、自分に似合うカラーを見つけていきましょう。
みさみさ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加