美味しいオイルに出会うまで⑤これなら続けられる!ココナッツオイルの簡単な3パターンの摂取法

美味しいオイルに出会うまで⑤これなら続けられる!ココナッツオイルの簡単な3パターンの摂取法
今やすっかり浸透しているココナッツオイル。
ハリウッドセレブ達が愛用している、というところから火がつき、ひいては認知症予防にも大きな効果が期待できるということで、たちまちスターダムに上り詰めました。
ココナッツ(ココヤシ)に多分に含まれている「中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)」。これが脂肪燃焼の手助けをしてくれ、また脳にはこの中鎖脂肪酸が肝臓の中で「ケトン体」というものに変化し、これが認知症予防に大変効果が高い、ということなのだそうです。

ココナッツオイルとココナッツミルクとの違いは?


元はどちらもココヤシの実の中にある白い胚乳部分から抽出されています。
熟しきっていない胚乳は柔らかく、その部分を削り、水や砂糖を合わせて煮込んで出来上がるのが「ココナッツミルク」
そして、完全に熟すと胚乳は固くなり、それを乾燥させ抽出したものが「ココナッツオイル」と呼ばれています。
ココナッツミルクは、ダイレクトにココナッツそのものの味がするということ、そしてオイルよりは開封後の酸化が早く、傷みやすい点から、ココナッツオイルの方が扱いやすく、飲食だけではなく、髪やお肌の手入れにも利用できることから、広く支持を得ることになったのかもしれません。

さて、このココナッツオイル、色々なデータが次々に発表されて、試さない手はない!わけですが、問題は「どう持続させていくか」だと思うのです。
淡泊な味わいとは言い切れないココナッツと向き合うには…?

飽きずに続けられる3パターンの摂取法


①スプーン2杯を毎日摂取する
一日の摂取量は決して多くありません。むしろ摂りすぎればオイルなので体重にも響いてしまう可能性が…!
この量だと朝食前、夕食前、と薬の服用のように決めてしまうと簡単。
後味にまったりとココナッツの香りが鼻腔に抜けます。

②「ハニーココナッツオイルトースト」
トーストに蜂蜜とココナッツオイルをかけて。蜂蜜をかけることで、ココナッツの香りは穏やかに。

③「ココナッツオイルティー」
ホットティーにココナッツオイルを数滴たらして、お好みでミルクを入れて。
オイルをいれると、コンソメスープの様な見た目になりますが、味は抵抗なく美味しく頂けます。

※すっかり年季が入っている我が家のココナッツオイルですが、リピート愛用中です!

継続無くして効果なし。まずは1ヵ月!
このエントリーをはてなブックマークに追加