見えないけれど大事なマタニティウエアである下着について

見えないけれど大事なマタニティウエアである下着について
マタニティウエアというと、ゆったりしたチュニックやAラインのワンピースなど、思い浮かべるものは人それぞれかもしれません。
今回は、人目には触れないけれど、マタニティ生活に欠かせない下着のご紹介です。

○まず変化を感じるのが胸

妊婦さんは、体型が変わります。
外からだと、お腹が大きくなるってことでしょう?と思いがちなのですが、実際に妊娠を体験した方の多くから
「まず、胸が大きくなった」
「胸が痛くて、ワイヤーブラジャーが使えなかった」
という声があります。
大体、妊娠前より2カップほど大きくなるようです。
マタニティ用のブラジャーは、敏感になった肌に考慮した柔らかいものだったり、カップが大きめの物だったり、サイズの調節ができます。
通販でも入手できますが、普段とサイズが変わっているので、お店で測ってもらうと安心です。

○お腹をしっかりカバーするショーツ

ショーツの場合は、お腹がしっかり大きくなるまで、通常のショーツをワンサイズ大きくしたり、
旦那さんのトランクスを利用したり、中にはよく伸びるから、水着を使っていたなんて話しも聞きます。
腰履きではなく、お腹をすっぽり覆うような前が長いデザインを選びましょう。
また、マタニティ時期におりものが増えて…という方もいます。
肌触りのよい洗い換えを多めに用意しておくと、心強いです。

○縁起物だけでない腹帯は自分にあったタイプを選ぼう

実家が戌の日で用意してくれたが、余り使わなかった。
腰痛を和らげてくれるので、ありがたかった。
と、感想はそれぞれです。
もし、使おうという方は、ご自分にあったものを購入してください。

腹帯には、ガードルタイプ筒型(腹巻き)タイプベルトタイプがあります。

◎ガードルタイプ
仕事をしている人、タイツ、ストッキングを愛用する人はしっかりとめてくれて、
体型補正にも優れたガードルがおすすめ。

◎筒型(腹巻き)タイプ
自宅にいることが多い人 保温効果や、寝る時の背中が気になる人は、ストンとした筒型がおすすめ。
カイロを入れるポケット付きのものもあります。

◎ベルトタイプ
暑がりの人や、お腹の大きさが変わっても、買い直すのがイヤだと思う人は、
調節しやすいベルトタイプがおすすめ。覆う面積が少ないので、夏に人気です。

ご自分のマタニティライフに合わせて、使いやすい物を選んでくださいね。

画像提供:栗原尚子
このエントリーをはてなブックマークに追加