記事の書き方・コツ

魅力的なタイトルをつけましょう

読者は主に検索エンジンから訪れます。そのため、どんなに本文がすばらしくてもタイトルが魅力的でない場合、中々クリックしてもらえません。
本文の内容が伝わるように具体的で魅力的なタイトルをつけるように心がけましょう。
※釣りや煽りすぎ、本文と全然内容が違うようなタイトルは避けてください。

見てすぐに目を引く冒頭文を書きましょう

読者の大半が、冒頭部分で面白くないと判断してしまうと、たとえその後の文章が面白くても、すぐに記事から離れてしまいます。
読者に「タイトルの通り自分が興味のある記事だ」と認識してもらえるようにタイトルに含むキーワードも適宜入れながら目を引く冒頭文を書くように心がけましょう。

できるだけ客観的な文章を書きましょう

fumu2はブログとは違い、自分の得意分野を“記事”として発信する場です。
そのため、個人的な感想や意見は避けて、読者に信頼されるようにできるだけ客観的な文章を書くように心がけましょう。
※商品の宣伝の場として利用するのもご遠慮ください。

わかりやすい結論を書きましょう

本文の最後に必ずわかりやすく読者の腑に落ちる結論を書いて下さい。
記事を書く時、起承転結の流れがしっかりしていると、読者の頭に残りやすく伝わりやすい記事になります。この記事は、何を伝えたいのかがみんなに伝わるような結論を書くように心がけましょう。
※結論の前に「さいごに」等の見出しを持ってくるとおすすめです。

投稿フォームの使い方

小見出しの活用

小見出しタグを活用して、段落分けをしましょう。
小見出しにはできるだけ言いたいことを凝縮して、見出しだけを追いかけても
記事の内容が大体伝わるような構成が理想です。

dummy

リストの活用

リストタグを活用して、記事をシンプルに見せましょう。
例えば、レシピの記事で「用意するもの」や「材料」等、
ダラダラと文章で説明せずにリスト化してあげることで読みやすくなります。

dummy

太字・下線の活用

太字・下線を活用して、重要なところを目立たせましょう。
淡々と本文を書いていくと、読者が途中で疲れてしまいます。
多用はよくありませんが、適度に太字・下線を活用することで
読者が飽きにくくなります。

dummy

リンクの活用

外部サイトに飛ばす場合は、リンクタグを活用しましょう。
本文にリンクがあっても直接クリックで参照できない場合、
読者にストレスを与えてしまいます。
※特定商品等の宣伝のためだけに活用するのは禁止です。

dummy

引用の活用

書籍や他のサイトから文章を引用する場合は、引用タグを活用しましょう。
その際、必ず出典元も記載するようにしてください。
※出典元不明の場合、不採用になる場合があります。

dummy

画像タグの活用

画像タグを活用して、記事内に画像を貼り付けましょう。
fumu2の記事では1記事で10個までの画像を貼り付けることができます。
※1枚目の画像がfumu2記事一覧ページに表示されるので、
できるだけ綺麗で魅力的な画像の使用をおすすめします。
※参照URLは入手サイトのトップページではなく
画像ページのURLを入力してください。
※投稿する際に使用できる画像は、「自分で撮影した写真」
「PCやスマートフォンでキャプチャした画像」となります。
(キャプチャを禁止しているサイトもありますのでよく確認して使用してください。)

dummy

投稿・公開のルール

禁止事項

  • -第三者が創作した記事や他のサイトで既に公開したことのある記事の投稿
  • -商用として許可されていない画像の使用
  • -医療行為や各種法規に抵触する可能性のある内容での投稿
  • -第三者に不利益を与えるような内容での投稿

※その他禁止事項に関しては、こちら(利用規約)をご参照ください。

記事の編集について

記事の採用後、読者にとってより読みやすい記事、わかりやすい画像にするために、
fumu2編集部で文章の編集・校正や画像の差し替え等を行い、記事を公開する場合がございます。

コメントについて

記事に対するコメント欄で、誹謗中傷や第三者に不利益を与えるようなコメントの投稿は避けてください。